返却時にガソリンを入れておくこと

借りる際におそらく注意られることの一つが、レンタカーは返却時にガソリンを満タンにして返すということです。旅行先ではたくさんの道を走るため、かなりのガソリンを消耗しますが、忘れずに給油して最後の最後に満タンな状態にしておきましょう。ただし、プランによってはガソリンを満タンにしなくてもよくなります。不安がある場合は事前に聞いておき、給油の必要性を確認しておきましょう。

 

返却スタイルを確かめておく

レンタカーの返却方法は主に2つです。一つは営業所に直接返しに戻ること、もう一つは乗り捨てです。前者の方法は、先程のガソリンと合わせて営業所に帰るまでのプランを考えておかなくてはなりません。特に観光地は混みやすいので、渋滞に巻き込まれて帰る時間が遅れる可能性は十分に考えられます。おすすめは乗り捨てタイプで、乗り捨てとは言っても道にポンと置くのではなく別の営業所に乗り捨て可能な方法を指します。わざわざ最初の営業所まで運転する必要がないので、営業所の場所さえ理解していれば非常に便利な方法です。

 

もしもぶつけてしまったら

運転中、どこかに車体をぶつけてしまうこともあるかもしれません。そんな時は放置せず、すぐに借りた営業所などに連絡を取ることが大切です。多少の傷でもレンタカーは借り物なので、連絡を行う義務があるのです。追突事故など軽微なものでは済まない事故を起こした場合は、当然警察にも連絡しなければなりません。一番は事故を起こさないことですが、旅行中は疲労も溜まりやすく事故を起こしやすいので注意が必要です。